美味しいもつ鍋を食べたい方必見!もつ鍋に関する基本知識と選び方を紹介

当サイトでは美味しいもつ鍋を食べたい方必見の、もつを使った鍋に関する基本知識と選び方をご紹介しています。
初めての人でもこのサイトをチェックすれば、美味しく食べられる一品を見つけられるようになるかも知れません。
もつの鍋は体にいいのか、という疑問がある人にもおすすめの食べるメリットも解説しているサイトです。
さらにもつの鍋をお家で食べたい人にとって役立つ、簡単なホルモンを使った鍋のレシピも取り扱っています。

美味しいもつ鍋を食べたい方必見!もつ鍋に関する基本知識と選び方を紹介

もつ鍋の基本知識を知りたいという人は多いのではないでしょうか。
もつ鍋は、牛や豚のホルモンと野菜などを使って作る鍋料理です。
キャベツやニラを入れることが多く、ニンニクや唐辛子が利いた味わいとなっています。
もつ鍋には醤油や塩、みそ味などがあります。
王道の味を頂きたい場合には醤油がおすすめです。
あっさりした味わいが好みの人には塩が良いかも知れません。
コクのあるスープが好きな人には味噌味を選ぶことをおすすめします。

もつ鍋はどこの郷土料理?もつ鍋の歴史

美食大国・日本では、全国各地の風土に見合った郷土料理というものが存在をしています。
九州地方だと福岡県の博多市で多くの方に愛されているのがもつ鍋です。
このもつ鍋は今では全国的な知名度を有しており、B級グルメの王様とも称されるようになりました。
そこでここでは簡単に、もつ鍋の歴史を紐解いていくことにしましょう。
さかのぼること今から150年前の江戸時代末期から明治維新にかけて誕生した料理で、西郷隆盛が考案をしたとも言われています。
九州は養豚業が盛んでしたが、出荷をされる豚の内臓は廃棄をされていました。
農家では育てた豚の肉を食べることはできず、代わりに廃棄をする内臓を食していたわけです。
そんな折、当時の九州地方総統府を担当していた西郷隆盛が、味噌スープと一緒にホルモンを煮込む料理を提案しました。
これがもつ鍋の原型で、いろんな野菜を投入して各地の農家で食べられるようになったのが始まりとなっているわけです。

普通の鍋と何が違うの?もつ鍋の定義とは

もつ鍋の発祥は、福岡・博多とされています。
元々は炭鉱で働いていた人々が、豊かではない時代に活力になるものはないかと考え、利用価値がなく捨てられていた「もつ」をアルミ鍋で炊き、醬油で味付けして食べていたと言われています。
やはり他の鍋と比べて決定的に違うのは、使用される肉でしょう。
一般的な鍋では様々な料理で活用される獣鳥類の肉が使用されますが、もつ鍋はその臓物(ぞうもつ・内臓肉・ホルモン)を使用します。
内臓と言われるとドキッとしますが、それはプリっとした触感で、油には甘味があり、コラーゲンを豊富に摂取できることから女性にも人気があります。
お店で使用される鍋は、アルミ製やステンレス製のものが多いです。
これも一般的な鍋との違いですね。
しかし家庭用の土鍋でも十分おいしく作れます。
醤油味が定番でしたが、現在では味噌や塩といったものもあります。
一緒に食べる野菜にはニラが欠かせません。
時代を経て様々にアレンジされ人気を得たもつ鍋ですが、どんなアレンジをしても「もつ鍋」と呼ぶにふさわしい定義は、「もつ」=「内臓肉」を使用したものと言えます。

もつ鍋を食べる際に準備しておくと便利な調理器具

お家にある余った食材を入れても良し、少し贅沢をしてもつ鍋専門店の味をお取り寄せして食べても良しなもつ鍋ですが、せっかく食べるならより美味しく食べたいものです。
美味しく食べることを考えたとき、食材の質や調味料の調合の方に頭がいってしまいがち、そんな方も多いのではないでしょうか。
しかし意外にも重要になってくるのが料理道具の存在です。
その中でも鍋は食材への火の通り加減などに大きく影響するため、仕上がりの味に大きく作用します。
もつ鍋におすすめのサイズは12cmから25cm前後のものです。
ある程度大きさがあると、偏りなく火が通るため素材の味を引き出してくれます。
また素材も重要な要素です。
保温性に優れている土鍋やホーロー鍋は、風味や素材の味を活かすのが得意な一方、ステンレス鍋などは軽く、錆びにくく、丈夫なため手軽に楽しみたいと言う方にはもってこいの調理器具となっています。
自分にあったものを見つけて、もつ鍋生活をエンジョイしてみませんか。

美味しいお取り寄せもつ鍋を選ぶポイント

美味しいお取り寄せもつ鍋の選び方でポイントになるのは、スープの味が自分好みのものであるかどうかという点で、もつ鍋にはしょう油・味噌・塩・とんこつなどといったさまざまな味付けがあるので、辛さの度合いなどを考慮しながら好みのスープを選ぶことが大切になってきます。
初心者の方には定番のしょう油味がおすすめで、もつとスープのバランスが良いことはもちろん辛すぎたりあっさりしすぎることもないので、子供から大人まで世代を問わず味わうことができます。
こってりとした味が好みの人には味噌が最適で、濃厚で程よい甘さがもつとも相性抜群なので、ご飯と一緒に食べるおかずとしてもぴったりです。
また、食感や脂の多さを考慮しながらもつ鍋のタイプを選んでみるのもおすすめで、もつ鍋にはもつの種類の中でも複数の種類が入っているミックスタイプ小腸のみが入っているタイプがあるので、食感や脂の量を考えてどちらのタイプを選ぶか決めてみるのもおすすめといえます。

もつ鍋に関する情報サイト
もつ鍋の基礎知識

当サイトでは美味しいもつ鍋を食べたい方必見の、もつを使った鍋に関する基本知識と選び方をご紹介しています。初めての人でもこのサイトをチェックすれば、美味しく食べられる一品を見つけられるようになるかも知れません。もつの鍋は体にいいのか、という疑問がある人にもおすすめの食べるメリットも解説しているサイトです。さらにもつの鍋をお家で食べたい人にとって役立つ、簡単なホルモンを使った鍋のレシピも取り扱っています。

Search